とよた山里ホールディングス

〒444-2424
豊田市足助町宮ノ後29-1

電話0565-61-2811

関係施設紹介

株式会社三州足助公社

11月には50万人が訪れるといわれる香嵐渓を擁し、三州足助屋敷は、その香嵐渓の拠点施設となっています。近くには重要伝統的建造物群保存地区に選定された足助の古い町並みがあり、多くの観光客が訪れる地です。豊田市百年草は福祉と観光を融合させた複合施設で、ホテル事業を根幹としています。ハム製造部門『ZiZi工房』、パン製造部門『バーバラはうす』は全国的にも有名です。

(香嵐渓)公園管理・駐車場

香嵐渓縁地内の保守・管理業務と、周辺5か所の駐車場管理運営を受託しています。

三州足助屋敷写真:香嵐渓の紅葉

三州足助屋敷

1980年に開館し、消えゆく昔の日本の暮らしや風景を提供すると共に、技術の伝承を行うことを目的としています。

写真:三州足助屋敷

豊田市百年草

ホテル、フレンチレストラン、足助ハムのZiZi工房、ベーカリーバーバラはうす、日帰り入浴などの機能の他、社会福祉協議会による介護デイサービス施設も兼ね備えた、福祉と観光をミックスさせた新しい形の施設です。

写真:豊田市百年草

城跡公園足助城

足助城は戦国時代の山城です。 発掘調査などに基づく本格的な山城の整備は全国でも初めての試みです。 戦国大乱の時の山城とは何か…ごゆっくりご観覧ください。

写真:城跡公園足助城

総合野外センター(給食事業)

愛知高原国定公園の六所山、炮烙山一帯の自然を生かして、宿泊体験を中心とした野外活動や集団活動等を行うための青少年育成施設です。

写真:総合野外センター

↑このページのはじめに戻る

株式会社どんぐりの里いなぶ

「道の駅どんぐりの里いなぶ」を運営しております。道の駅どんぐりの里は、「稲武温泉どんぐりの湯」と、特産品販売を行う「どんぐり横丁」、稲武観光協会により「情報・観光案内コーナー」が併設されています。

どんぐりの湯

稲武温泉・どんぐりの湯は、低張性弱アルカリ性低温泉です。神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・疲労回復等に効くと評判の湯です。

 

写真:どんぐりの湯

どんぐり横丁

米粉を使ったパンや、産直野菜、街道沿いの市町村の特産品(岡崎のみそ、山岡の寒天、新城のお茶など)を販売しております。どんぐり食堂・屋台村など、食のコーナーも充実しております。

 

写真:どんぐり横丁

↑このページのはじめに戻る

株式会社旭高原

手軽にバーベキューができるファミリーバーベキュー場、バーベキューハウス(一般日帰り用)、機材持ち込みが可能なデイキャンプ広場、雨天時や野外でも楽しめる屋根付き大型バーベキュー場(団体の宿泊用)、テニスコートや多目的広場も完備し、ファミリーからサークル・クラブ活動、各種団体・研修活動など様々なニーズに合わせてご利用できる施設です。

元気村(きらめき館)

星と自然をテーマにした夢いっぱいの空間です。館内には、星の展示室や120インチのスクリーンで映像が楽しめるイメージホ-ル、昆虫標本などの自然展示室、天文台ミラッセなどがあります。

 

写真:どんぐりの湯

少年自然の家

企業研修・野外活動など生涯学習の時代にふさわしい様々な学習や体験ができます

 

写真:どんぐりの湯

雪そりゲレンデ

ノーマルタイヤで行けるそり専用お手軽ゲレンデです。100mのゲレンデは スリル満点で、滑り降りたら「動く歩道」で上部まで運んで運んでくれます。

 

写真:雪そりゲレンデ

↑このページのはじめに戻る

株式会社香恋の里

香りをテーマにしている「香恋の館」は、三河湖の近くにあります。春から秋にかけては緑に包まれ、ドライブにぴったりのエリア。香恋の館には水車があり、「コットン、コットン」という音が心地よく響いています。水車は、下山産のお米「ミネアサヒ」の精米に利用。また、ここでしか味わえないフードメニューも充実しています。

香恋の館

三河湖周辺は、変化に富んだ自然がいっぱいです。香恋の館では、地元産の米「ミネアサヒ」を水車で搗いた「おむすび」がお勧めです。

 

写真:香恋の館

山遊里

山遊里とは”山里で遊ぶ”と、初夏にあちらこちらで花をつける”ヤマユリ”に出会うことから、言葉を掛け合わせました。おいしさにこだわったハム・ウィンナー・ジェラートを製造販売しています。

 

写真:山遊里

ドッグラン

香恋の館の対岸芝生広場の一角には、ドッグラン(無料)があります。 景観にも恵まれた場所で、四季折々の自然を感じさせてくれます。わんちゃんも大喜びです。

 

写真:ドッグラン

↑このページのはじめに戻る